クレジットカードに暗証番号が用いられている理由

クレジットカードに暗証番号が用いられている理由

クレジットカードには4ケタの暗証番号というのが付いています。暗証番号は自分で決めることができますが、誕生日などのわかりやすい番号で設定をするのは他人に勘付かれるので控えましょう。

 

そもそもカードに暗証番号がある理由はサインだけだと他人に真似されてしまう可能性があるので、暗証番号を設けていれば通常は暗証番号は知らないので不正に利用することを防げるということです。

 

それでも、暗証番号を打つ方式ではなくサインの記入にすることは可能です。昔はすべて、サインで対応をされていましたが、近年は個人情報の保護の観点などを理由にICチップがカードの中に組み込まれており、暗証番号の入力で本人確認を行うという方法もできるようになりました。

 

クレジットカードは通販でこそ便利

 

今の世の中、買い物にも様々な形態があります。昔の買い物は、財布を持って店まで出掛けて欲しい物を買っていました。しかし今ではテレビや雑誌、インターネットなどの通信販売が発達してきましたので、自宅に居ながらにして買い物ができるようになりました。

 

そんな通販の支払い方法ですが、それこそはクレジットカードが大変便利だと言えるでしょう。最近の通販では使えるカードの種類も増えてきていますし、クレジットカードは使えば使うほどポイントが貯まるサービスも付いています。その貯まったポイントで更に買い物もできるのですが、それは何とも言えない嬉しい魅力です。とにかく、支払いの利便性を考えれば、クレジットカードは一度使ったら手放せません。

 

クレジットカードは大変お得で便利です

 

クレジットカードは大変便利です。手元にお金を持たずにショッピングなどをすることが出来るからです。ふと出かけた町で素敵な服を見つけた場合、みなさんならどうするでしょうか。手持ちの現金がなければ諦めるかキャッシュカードで貯金を引き出すことになります。

 

コンビニのATMで現金を下ろせば、手数料を取られるところが多いです。そうした無駄な手数料を支払わずに済みます。また、インターネットでの買い物も大変便利です。ネットサーフィンしていて気に入った物を見つけた場合、直ぐにクレジット決済を行い買い物することが出来ます。通常は銀行振込を行わければならず、スピーディーに買い物出来ません。そして振込手数料も掛かってしまいます。そんな手間隙から解放してくれる魔法のカードなのです。